投稿日:

4月18日(土) 柳家小春+安藤明子 演奏会(シンタテマチ店にて)

omote-01

梅は咲いたか 桜はまだかいな

今年の桜は例年より少し早めとの予報。
4月の週末、東京から江戸音曲・粋曲、三味線弾き唄いの柳家小春さん、そして京都からシンガー・ソングライター、ギター弾き語りの安藤明子さんをお迎えして、おふたりの演奏会を開きます。

三味線とギター。東京と京都。江戸と現代。江戸時代に親しまれた情緒溢れる音曲と現代の恋愛や生活から生まれた言葉。対照的なおふたりですが、どちらもまっすぐきりりとたのもしい芯の、すばらしいうたうたい。

花見のおかえりに、ほろ酔い気分で、ぶらりとお立ち寄りください。
ドアの向こうから、いいうたが聞こえてきますよ。

柳家小春+安藤明子 演奏会
日時:2015年4月18日(土) 19:00開場/19:30開演
場所:オヨヨ書林・シンタテマチ店(石川県金沢市新竪町3-21)
電話 076-261-8339
料金:前売り2,000円 当日2,500円
ご予約はこちらから

e0197417_14444356
柳家小春
1991年、名人といわれた寄席音曲師、粋曲の柳家紫朝に弟子入り。
江戸音曲の数々(端唄俗曲、新内)を習得し、寄席出演を経て、
現在は枠に留まらずライブスペースでの演奏活動など活動の幅を広げ、
師匠譲りの粋な芸を伝承する一方で、さまざまなジャンルのアーティストと
伝統と現代の交錯するコラボレーションを重ね共演者の数は百を超える。
2013年よりレゲエと端唄のボーダーレス最新型ユニット”attc vs Koharu”としても活動、
2014年7インチアナログ盤を発売。
http://koharuya.exblog.jp

 

image1
安藤明子
三重生まれ 京都在住のシンガーソングライター。2006年から音楽活動が本格化。力強く瑞々しい歌声で聴き手のなかにそっと言葉を着地させていく歌い手である。現在は関西を中心に全国のカフェやライブハウスなど、様々な場所で年間100本以上のライブを行っている。
2015年2月 5年振りとなるフルアルバム「ドキソワーズ」リリース。
http://andoakiko.net