投稿日:

6月12日(木) 朗読と音楽の夕べ 管啓次郎「三十三歳のジョバンニ」全文朗読会(せせらぎ通り店にて)

朗読と音楽の夕べ 管啓次郎「三十三歳のジョバンニ」全文朗読会

日時: 6月12日(木)19:30開演  21:00終演
会場: オヨヨ書林 せせらぎ通り店 (金沢市長町1-6-11 076-255-0619)
出演: 管啓次郎(朗読)、石川征樹(ギター即興演奏)
入場料: 一般 1,500円 学生 1,000円(1ドリンク付)
お問い合せ: オヨヨ書林 せせらぎ通り店(076-255-0619 oyoyoshorinseseragi@gmail.com

概要:
傷ついた土地、東北を思いつつ作られた朗読劇『銀河鉄道の夜』(古川日出男、管啓次郎、小島ケイタニーラブ、柴田元幸)。その2年あまりの軌跡からの副産物として生まれた、書き下ろしの物語です。作者は、朗読劇に「詩人」「カンパネルラ」「カンパネルラの父」として登場する、管啓次郎。東京、那覇につづき3回目の、作者自身による全文朗読会です。一面の星が降る野原の夜を、ぜひ体験してください。

Exif_JPEG_PICTURE 管啓次郎(すが・けいじろう)
1958年生まれ。詩人、比較文学者、明治大学教授。ASLE-Japan文学・環境学会代表。主な著書に『コロンブスの犬』(河出文庫)、『斜線の旅』(インスクリプト、読売文学賞受賞)、『ストレンジオグラフィ』(左右社)、詩集『時制論』(左右社)など。サン=テグジュペリ『星の王子さま』の画期的新訳(角川文庫)も大きな話題を呼んだ。
石川征樹
(いしかわ・まさき)
石川県在住のギタリスト。独りでの自作曲の演奏活動、即興演奏を軸に、様々なセッションを行っている。