投稿日:

まだのうぐいす

今年の冬はおかしなことにさっぱり雪がない。 今日なんかもう春みたい。 生ぬるい風も吹いている。 そういえば、去年の今時分にも、こんな生ぬるい風が吹が吹いた日があった。 その日、寒くないから入り口の戸を開けっ放しにしていたら、 髪の長い女性が、片手を差し出すようにして、ずんずん店に入ってきた。 よく見ると、何かをそっと握っているようだ。 「道の真ん中で動かなくなってて、車にはねられたら危ないから拾ったの。 ここで預かって」 言いながらふわりと開いた掌には、深緑の、小さな小さな鳥がいた。 嘴から尾の先まで、手の腹にすっぽり収まっている。 女性の押しの強い物言いに少しひるみながらも、 あまりのかわいさにしばし見とれる。 どうしようか、困ったなぁ、、と考えあぐねていると、 そうだ、いい大きさの箱があった、と思いつく。 いただいたお菓子の小さな箱。 ちょうど鳥の巣みたいな緩衝材も入っていたから、 その上にそっと寝かし置く。 そのまま、外に出て鳥がいたというところに案内してもらうと、 にわかに鳥は身を起こし、 あっと言う間もなく飛んで行ってしまった。 店に戻り、『身近な鳥の図鑑』という本で調べてみたら、どうやら鶯のよう。 春に「ホウホケキョ」と鳴くあの鶯は、 春を待つこの季節にも、 すぐそこにいたんだね。 声は聞こえないけどいたんだね。 2020年2月13日(木)